« 鈴木央先生のサイン会にお邪魔してきました | トップページ | 『七つの傷跡』鈴木先生のらくがき公開 »

2016年6月 4日 (土)

『ルパン三世』ノベライズ担当しました!

まだネット書店には出てませんが、双葉社の公式サイトには告知が載ったので情報解禁になりました。

というわけで、なんとなんと『ルパン三世』のノベライズを書かせていただきました。サイトの方では7/22発売となってますが、もうちょっと前から配本は始まるようなので、15日過ぎには都内から順に店頭に並ぶかと思われます。

いやー、それにしてもルパンですよルパン……まさか自分が「不二子ちゃあーん!」「ルパーン逮捕だぁ!」などと書く日が来るとは思ってもみませんでした。いやホント、アニメのOPやアイキャッチの「ルパン・ザ・サード」ってコーラスを「ルパンルパーン」だと思っていた小学生の私に聞かせてやりたい。人生なにが起こるかわかりませんわ。

とはいいましても、実は今回は、みなさんおなじみのアニメ版ではなく、モンキー・パンチ先生の原作漫画からのノベライズになります。ですが、それはそれで大変でして……。

この後ちょっと苦労話とか概要とかを説明いたしますので、ご興味のある方のみ続きをドウゾ。

(続き)

まずそもそも、原作漫画って、連載開始が1967年なんですよね。アニメのヒットをうけて始まった「新ルパン三世」も1977年から、と、もう40~50年近く前の作品です。なので、そもそも今読むと、いろいろと表現上アウトな部分とか、背景になってる社会情勢や小道具が古くて今の子供たちにはピンとこないとか、いろいろありまして。

また、ルパンを始めとするキャラクターの設定も、序盤ではあまり固まってません。不二子ちゃんなんか出てくるたびに違うキャラだし、ルパンとも知り合いだったり初対面だったり、はたまた兄がいたりといろいろ。次元が刑事という回もありますね。かと思ったら、学生編といって、ルパンと銭形と不二子が同じ大学の先輩後輩ってシリーズもある。その回その回での面白さを追求していて、全体としての整合性はあまりないのです。

つまり、みんながよく知ってるルパンの設定の殆どは、実はアニメ版で決まったものなんですよ。「新ルパン三世」になると、そのアニメの設定を逆輸入する形で、かなり「みんなの知ってるルパン」に近くなるんですけど。

今回は「原作からのノベライズ」というお話だったのですが、上記の事情で、ストーリーそのものをそのまま使うことは出来ず、またキャラクターも、そのまま書くとアニメと印象が違いすぎるということもありまして、いろいろ協議の結果、原作のエピソードを元にして再構成し、キャラクターもアニメ版の印象に寄せつつ原作独自設定は残す、みたいな折衷案となっております。

例えば、石川五右ェ門の名前はアニメでは「五ェ門」と表記されることが多いですが、原作では終始「五右ェ門」なので小説ではそうなってます。一人称も、アニメだと「吾輩」とか「拙者」とか言ってますが、原作では「俺」ですね。五右ェ門は原作とアニメで一番性格が違うキャラなんですけど、そこはアニメの方に寄せました。あまりに別人なのでw

一応、小学校高学年から、となっておりますが、原作はマジの大人向けですので、私としてもアダルトさを出したいなと思い、中学生以上対象のつもりで書きました。若い人にルパンチームを紹介するという意味で、今回はキャラクターの設定を丁寧に解説するように心がけたつもりです。

短編3本入りですが、メインは五右ェ門登場編で、仲間になるまでを書いています。最初敵として登場した五右ェ門が仲間になるまでの話は、アニメ第一シリーズ(ルパンのジャケットが緑のやつ)にも、同じ原作をベースにしたものがあるのですが、小説版はそれに別のエピソードも足して、また違う展開にしてみました。アニメ版をご存じの方も、その辺のいきさつは初めて知るという方も、楽しんでいただければ幸いです。

とにかく、原作が文庫で(新ルパンを合わせて)20冊以上、アニメは過去4回のシリーズに映画にテレビスペシャルに……と、とにかく膨大で、資料にあたるのが大変でしたし、実際キャラクターの解釈や展開はこれでちゃんと「ルパン」になっているのかと悩みましたが、双葉社で長くルパンを担当されているSさんに監修していただきなんとか形になりました。また、緑ルパンからのリアルタイム視聴者であるうちの夫や、かなりのルパンマニアであるという担当Bさんのパートナー氏にも助けられました。ありがとうございました。原作コミックのモンキー・パンチ先生の素晴らしく色気のあるスタイリッシュな絵に見とれつつのプロット作りと執筆は大変楽しかったです。

児童文庫は読者の大半が女児なので、どうしても女の子向けの企画が多くなり、男子が楽しく読める本は少ないので、個人的には男の子がカッコイイと思うルパンを目指したつもりです。そして女の子には不二子ちゃんの格好良さを堪能してほしいです。今回わりと饒舌に不二子の哲学というかポリシーを語らせましたが、前述のSさんに誉めていただき嬉しかったです。

一応シリーズ化したいというご意向のようなので、私もいろいろと次はどの話を書こうかなと考えております。全然売れなかったりするとぽしゃりますのでよろしくお願いいたしますw

« 鈴木央先生のサイン会にお邪魔してきました | トップページ | 『七つの傷跡』鈴木先生のらくがき公開 »

お仕事情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510725/63730062

この記事へのトラックバック一覧です: 『ルパン三世』ノベライズ担当しました!:

« 鈴木央先生のサイン会にお邪魔してきました | トップページ | 『七つの傷跡』鈴木先生のらくがき公開 »

著作リスト(購入可能分)

著作リスト(その他)

  • 天外魔境 第四の黙示録
    こちらは既に版元品切れとなっているものです。古書店などで探せばたまにみつかるかも……。

pixiv

  • pixiv